フレッツ光 東日本 料金

NTT東日本フレッツ光「ファミリータイプ」の料金

フレッツ光の月額利用料はホームページなどで見てもすごく分かりづらいですよね?

 

その主な理由は光回線の利用料とプロバイダー料が別々になっていることにあります。他の光回線業者は毎月のプロバイダー料が含まれた価格表示にしているのに対しフレッツ光はその表示が別々になっていて、しかもプロバイダー料が会社によって違うので余計に分かりづらくなってしまうのです。

 

料金やサービスの違いを比較して好きなプロバイダーが選べるというメリットもありますが、やはり少し混乱してしまいますよね。

 

また、契約年数によって利用料が安くなっていく割引プランを提供しているのはいいのですが、これによってさらに月々の支払額は複雑になります。

 

ということで、ここではそのプラン内容を理解するためにプロバイダー料や割引プランの説明と、それらを含めた月々の支払額がいくらになるのかをいくつかのケースでまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

このページではNTT東日本フレッツ光のファミリータイププランの説明をします。

 

NTT東日本のファミリータイプ

 

月額利用料の基本料金(回線利用料)は5,200円。NTT東日本のファミリータイププランは、まずはこの金額がベースとなります。

 

割引プラン

 

次に、月額利用料が割引になるサービスの説明です。割引サービスには「にねん割」と「マンスリーポイント」による割引があります。

 

にねん割

 

「にねん割」とは2年間の継続契約を条件にして月々の料金を700円割引するプランで、2年後には自動的に契約が継続されます。なお契約満期となる2年後の解約月以外に解約すると9,500円の解約がかかります。

 

まずはこの「にねん割」でベースとなる基本料金が4,500円になりますね。

 

マンスリーポイント

 

マンスリーポイントとは「フレッツ光メンバーズクラブ」という無料会員サービスに申込むと毎月もらえるポイントのことで、毎月100円相当のポイントがもらえます。

 

ファミリータイププランの契約の場合このマンスリーポイントは、もらえるポイントが2年目から200P、3年目から300Pと毎年100Pずつ上がっていき、5年後には毎月500Pずつもらえるようになります。

 

5年目以降もらえるポイントは500P以上あがりませんが、このポイントはクラブ内のショッピングの他、
月額利用料としても使えるので実質的に毎月の支払が安くなるサービスと言えます。

 

この2つの割引によってファミリータイプの基本料金は1年目が4,400円、2年目が4,300円・・・5年目以降は4,000円と推移していくわけですね。

 

プロバイダー利用料をプラス

 

フレッツ光の料金はすべてこの基本料金にプロバイダー利用料が加わります。

 

利用料などを比較して安いプロバイダーを選べるといったメリットもありますが、フレッツ光はこの2段階の料金システムが実際の支払額を分かりづらくしているんですよね。

 

プロバイダーの一覧を見ると分かるようにそれぞれの利用料や割引キャンペーンなども様々。

 

ここでは、NTTが運営していて一番利用者の多いプロバイダーである「OCN」。『auひかり』『NURO光』との比較を分かりやすくするため3社全ての回線会社にサービスを提供している「So-net」。また、メールサービスをオプションにすることで最安値となっている「BB.excite」を利用した場合の料金の推移をプロバイダー独自のキャンペーンも加味して表にまとめています。

プロバイダー一覧


 

 

その表がこちら。にねん割、マンスリーポイント、プロバイダーの独自キャンペーンをすべて計算に入れて
まとめるとやっと分かりやすくなりますね(汗)

 

OCNロゴ

Sonetロゴ

exciteロゴ

1年目

5,500円

4,400円

4,630円

2年目

5,400円

5,300円

4,530円

3年目

5,300円

5,200円

4,700円

4年目

5,200円

5,100円

4,600円

5年目以降

5,100円

5,000円

4,500円

 

(ちなみに、フレッツ光の利用料がプロバイダー料と別になっているのは「電気通信事業法」による独占規制があるためです。規制緩和の動きもあるので今後はこうした料金システムも変わる可能性があります)

 

ファミリータイプの場合は無線データも選択肢に

 

どうでしょう?ここまでくるとフレッツ光の複雑な料金プランの内容も少し理解できると思います。

 

ちなみに、ここでの説明で一番安い「BB.excite.」でも最安値となる5年目以降で月々の支払いが4,500円なので、住んでいる場所がファミリータイプのプランになる人で固定電話が必要ないという人には『WiMAX』などの無線データ通信もオススメです。

 

詳しくはADSLでインターネットを利用していて《固定電話がいらない人》のページで説明しています。

 

 

※このページで紹介している金額はすべて税抜きです。