インターネット 安く

4. 回線速度は遅くてもとにかくインターネット代を安くしたい人

 

光回線などを使っているけど「回線速度はある程度遅くても構わないから、とにかくインターネット代を安くしたい」という人は敢えて『ADSL』に変更するという手もあります。とくに、すでにNTTの電話加入権を持っていて固定電話が必要という場合はインターネット代をかなり節約できるはず。

 

また、すでに『ADSL』でインターネットを利用している人でも、契約プランやプロバイダーを変更すればさらにインターネット代を安くできる場合もあるので検討してみましょう。

 

もちろん固定電話が不要な人は『無線データ通信』がオススメ。その際は、電話加入権を維持するためNTTに「利用休止」の届出をすることを忘れずに。

 

 

インターネットの使用頻度が低く、動画の再生などもあまりしないような使い方なら最適な回線は『ADSL』ということになるでしょう。固定電話があれば月額料金は2,000円以下のプランも選べます。

 

ただし『ADSL』は、自分に合ったプランを探そうとしても、その情報量が光回線や無線データ通信に比べやや少ないというのが難点。

 

そんな中、ADSLのプランだけでも100件以上という圧倒的な情報量を誇るのがこの代理店です。

 

申込数などをランキング形式で掲載しているので、安くて人気があるプランを簡単に選ぶことができます!

 


インターネット代は安くなります!

光回線などでインターネットを利用してるけど、回線速度が多少遅くなってもいいからとにかく月々の支払額を安くしたいという人は『ADSL』に乗り換えればインターネット代は安くなります。『速くて安いプラン』はドンドン登場しているので、インターネット開通時の契約をそのまま継続している人は損をしている可能性があるので注意してください。契約を乗り換えて月々の支払が安くなったり、キャッシュバックなどの特典をもらっている人はたくさんいますから・・・。

 

 

繰り返しになりますが・・・“知らない人だけが損をしていますよ!”